MENU

土日こそお金が必要!その理由とは?

土日は疲れを取るためずっと寝てる・ずっと家にいるという方を除けば、土日こそお金が必要と言えるかも知れませんね。

 

土日にお金が必要になる理由には、下に上げたようなものがありますよね。

  • 土日に彼女とランチしたい
  • 土日のパチンコの軍資金が欲しい
  • 当日に思い立った土日のプチ旅行費用を用意したい
  • 急に土日の朝に飲み会の予定が入った
  • 土日限定のセールで欲しいブランドバックを見つけた

 

土日には平日とは違う使い道でお金が必要になり、用意したい金額も平日より多くなることもあるため、言い方を変えれば土日だからこそお金が必要ということにもなるでしょう。

 

土日に突然必要になるお金の捻出方法として、金融機関からカードローンで即日借入れすることも一つの方法と言えます。

 

カードローンの申込みは夜や土日・祝日など休日もOK!

カードローンからお金借りるなら、多くの金融機関ではパソコンやスマホなどを利用すれば24時間・365日申込みすることが可能になっています。

 

そのため平日の日中だけでなく、夜や土日・祝日などの休日でもカードローンの申込みをすることができるんです。

 

金曜日の夜に土日の予定が入ったという時でも、インターネットで急遽借入れの申込みができますが、それでは土日に即日借入れすることは可能なのでしょうか。

 

自動契約機の利用なら土日や祝日の休日でも即日融資可能

結論から言うと、21時頃までならば土日に即日融資でお金借りることも可能です。

 

ただし、土日は銀行が休業のため振込みで口座に入金してもらうのは難しく、どんなカードローンでも借入れ可能とはなりません。

 

土日でも借入れ可能なカードローンとは種類は10個近くあります。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン レイク

などの自動契約機が用意されている金融機関となるのです。

 

自動契約機では申込みからカードの発行までが一度にできるようになっているので、自動契約機が営業している21時頃までならば即日のカード発行が可能です。

 

カードがあれば、銀行が休みでもコンビニのATMからでも借入れ可能となるため、土日の即日借入れには上記の金融機関の利用が必須と言えるでしょう。

 

土日の即日融資が可能な時間とは

土曜日でも日曜日でも即日借入れが可能なカードローンならば曜日に関わらず借入れ可能ですが、ただし24時間という訳にはいかないため、利用時間には注意が必要です。

 

大手の消費者金融ならば、即日カード発行も可能な自動契約機が土日や祝日も21時ごろまで営業しています。

 

それに対して銀行カードローンの場合、たとえば三菱東京UFJ銀行カードローンならば、時間が決まっています。

  • 平日:9時〜20時
  • 土曜日・祝日:10時〜18時
  • 日曜日:10時〜17時

と、消費者金融よりも自動契約機(テレビ窓口)の営業時間が短くなっているんです。

 

特に土日や祝日では平日よりも自動契約機の利用可能な時間が短くなっていますので、申込みの時点で自動契約機の稼働時間をチェックする必要がありますね。

 

一部消費者金融なら振込みでも土日の借入れ可能

土日の借入れは自動契約機を利用することができれば可能と言えますが、一部の大手消費者金融では土日でも振込みで借入れすることが可能になっています。

 

夜や土日・祝日などの休日でも振込みで借入れが可能な設定があります。

  • プロミス:三井住友銀行口座あるいはジャパンネット銀行口座がある
  • アコム:楽天銀行口座がある
  • ノーローン:楽天銀行口座がある

などの場合で、24時間365日借入れが可能です。

 

 

 

 

カードローンなら使い道自由

銀行で利用できる住宅ローンや教育ローンなどは高額の借入れが可能ですが、使い道が限定されていることからそれ以外での目的で利用することはできません。

 

一方、カードローンならば自由な使い道で利用することができるようになっています。特に大手消費者金融のカードローンなら多くの銀行で利用不可となっている事業性資金での利用も可能です。

 

使い道自由でも申込みでの利用目的の記入には注意!

【参考:カードローン110番

 

カードローンは使い道が自由という特徴があり、利用する方もその点に魅力を感じて申込みをする場合もあると思います。

 

ですが申込みの欄に利用の目的を記入する場合、たとえ土曜日と日曜日にギャンブルで稼ぐための資金の捻出が目的であるとしても、そのまま書いてしまったのでは金融機関が受ける印象は良いとは言えないでしょう。

 

ヘタをすると信用力に欠けると判断されて審査が通らなくなる可能性もあるようです。

 

また利用目的に「生活費」と記入する方も多いようですが、この場合には返済能力に欠けると判断される場合もあるようで、この辺については申込先となる金融機関により判断が異なっています。

 

そのため、土曜日や日曜日にどうしても使いたいお金を即日で借りたいならば、理由が明確である必要があります。

  • レジャー
  • 冠婚葬祭
  • 旅行の費用
  • スマートフォンの購入

など、一時的に必要な費用の用意であることを伝える方が利用目的として無難と言えるでしょう。

 

生活には困っていないけど贅沢のための費用が一時的に不足しているということなら、金融機関でも「返済能力はある」と判断してくれる可能性は高くなるでしょう。

 

利用限度額の範囲なら何度でも借入れ可能

カードローンは、申込みの時に設定される利用限度額の範囲内で何度でも借入れや返済ができるようになっています。

 

たとえば、申込み後の審査結果で30万円まで利用可能という通知が来た時には、30万円を一度に借入れることもできますが、初めに20万円借りて、後日10万円借りるという利用も可能です。

 

また利用限度額の30万円を借りた後に10万円を返済した場合には、再び10万円までの借入れが可能になります。

 

カードローンなら利用状況によって利用限度額の増額も可能

住宅ローンや教育ローンは初めに契約をした金額のみを借入れることになりますが、カードローンの場合は利用限度額を増額することも可能です。

 

一般的には利用開始から6カ月程で利用限度額の増額申請が可能になっています。
ただし、返済の延滞がある場合には増額申請で実施される審査に通らないこともあるので、返済日には充分に注意する必要があるんです。

 

借り過ぎには注意が必要です

利用限度額はその人が利用できる上限金額であるため、その金額まで借りなくてはダメということではありません。

 

特に消費者金融では借入れの残高に対して金利が付きますので、借入残高は少ない方がイイのは言うまでもありませんよね。

 

また増額申請により利用可能となる枠を広げることは可能ですが、借入残高を増やすことにより毎月の返済額が増えることになるため、借り過ぎには注意が必要です。

 

カードローンは申込み方法が多彩

カードローンの申込みは、何と言ってもパソコンやスマートフォンからも利用可能なインターネット申込みが便利です。

 

ですが、インターネットの利用に慣れていないという方には、その他にも手段はありますよ。

  • 電話
  • 店頭窓口
  • 郵送
  • 自動契約機(大手消費者金融・一部の銀行で利用可)

などの多彩な申込み方法が用意されています。

 

カードローンは他のローンと比べて申込みがカンタンで素早くできるという点でも便利な商品となっているんです。

 

カードローンなら即日融資も可能

カードローンのメリットの中でも、他のローンでは難しい「即日融資も可能」ということは最大のポイントと言えます。

 

インターネットあるいは自動契約機のどちらかを利用して申込みする場合、審査の早いキャッシングサービスならば即日でお金借りることも可能です。

 

特に大手消費者金融ならば審査時間は最短で30分、融資までの時間は最短1時間となっているため、土日に即日でお金借りることが希望なら、どんな商品よりも便利さを感じられるでしょう。

 

土日は何かと不便が多い!

平日働いている方にとっては、金曜日の夜はこの後の土曜日と日曜日の2日間をゆっくりと過ごせる・自分の趣味に時間を使ったり、行きたい所へも行けるということで、最もホッとできる時でもあるでしょう。

 

それでも、例えば土日に住民票や課税証明書を発行したいと思っても、市役所などの公共機関が開いていないために必要な書類を手にすることはできません。

 

また土日を利用して旅行に行きたいと思っても、特に土曜日は宿泊料金が高い・混んでいて部屋が空いていないこともあり、こちらもまた不便なこともあると言えるでしょう。

 

そのため、土日は何かと不便が多いと言えますよね。

 

土日でも即日融資が可能なカードローンならいつでも頼れる

土曜日や日曜日、また祝日などの休日でも即日借入れ可能なカードローンを利用する場合、あなたが休日の時にもこのような金融機関は営業しています。
そして申込み後の審査が通れば即日の借入れも可能になるんです。

 

更に、このような金融機関なら多くの申込みがあっても迅速に対応できるシステムが整っていますが、もちろん土日の対応で手数料がかかることもありません。

 

そのため、このようなカードローンを取扱っている金融機関は、土日でも平日でもいつでも頼れるキャッシングサービスと言えますね。

 

いつでも頼れるサービスにも営業休止時間はある
いつでも頼れるシステムが魅力の大手キャッシングサービスですが自動契約機にも営業時間があり、借入れで利用できるコンビニのATMにもメンテナンス時間が設けられているんです。

 

例えば、コンビニのATMでカードを使って借入れする場合、それぞれのコンビニATMとキャッシングサービスの利用可能時間により実際に利用できる時間が決まっています。

 

そのため、営業時間として紹介されている時間以外は営業休止時間ということになるんです。

 

土日にコンビニATMから借入れする時には、それぞれのカードローンのホームページでATM利用時間をチェックしておく必要はありますね。

 

特に土曜日と日曜日では平日とは違いコンビニATMの営業時間が短く、変則的になっているため併せて確認する必要があるでしょう。