MENU

銀行カードローンにはどんなものがある?

一口に銀行カードローンと言っても具体的には、

  • 都市銀行
  • 地方銀行(ネット銀行を含む)
  • 信用金庫
  • JAバンク

などがあります。

 

それでもこの中で多くの方が利用しているカードローンと言えば、都市銀行や地方銀行のカードローンと言えるでしょう。

 

コチラでは都市銀行や地方銀行の中からいくつかの銀行カードローンをピックアップして比較した結果を紹介しています。

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、最大で1000万円まで借入れ可能な大型カードローンを用意していますが、申込みの時点でみずほ銀行口座がない場合、即日で借入れすることはできません。

 

そのためみずほ銀行カードローンで即日融資を希望するならば、普段からみずほ銀行と取引のある方がおすすめとなります。

 

また審査は最短即日となっていますが、申込みの時間帯が午後の場合には翌営業日以降となるため、口座を持っている場合でも即日融資が可能になるのは午前中までの申込みということになるんです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンは、500万円まで借入れ可能であり、審査時間は最短で30分と銀行系消費者金融並みの早さとなっています。

 

また自動契約機が設置され、即日融資や土日の借入れにも対応できる体制ができているんです。

 

それでも土日や祝日は平日よりも審査結果の連絡が可能になる時間が短く、自動契約機で即日でカードを受取るには運転免許証の用意が必須となります。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは500万円まで借入れ可能なネット銀行のカードローンです。

 

専業主婦の借入れにも積極的であり、申込みには専用のフォームが用意されているため、他の銀行カードローンと比較すると楽天銀行カードローンは専業主婦が申込みし易い商品とも言えるでしょう。

 

ただし楽天銀行カードローンを利用できるのは、20歳〜62歳までと年齢条件で他の金融機関よりも幅が狭くなっているんです。

 

また審査に時間が掛かる場合もあるため、即日でどうしてもお金を借りたいという方は、楽天銀行口座があると有利と言えるでしょう。

 

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、10万円型・30万円型・50万円型と3つのタイプがありますが、利用限度額が少なめなので不足する場合には、他の銀行カードローンがおすすめとなるでしょう。

 

またセブン銀行に口座がない場合、新規口座開設をしてキャッシュカードが手元に届いてからの利用となるため、口座開設には1〜2週間程度かかることから、即日融資は期待できませんね。

 

銀行カードローンと銀行系消費者金融を比較する!

銀行カードローンと銀行系消費者金融を比較すると、消費者金融には銀行にはない便利なポイントがあることが分かります。

 

具体的には消費者金融ならば、

  • 自動契約機を利用すれば21時頃までなら審査結果を知ることが可能
  • 土日や祝日でも平日と同じ時間まで利用可能
  • 自動契約機でのカード発行に必要な書類は運転免許証以外でも可能
  • 20歳〜69歳まで申込みが可能
  • 最大500万円まで利用可能
  • 申込みに提携銀行口座は不要

など、銀行カードローンのデメリットをカバーしているのが消費者金融のカードローンと言えるでしょう。

 

即日融資なら銀行カードローンより消費者金融が比較的おすすめ

お金を借りたい期限が今日中の場合、どうしても審査や融資の時間が短い方を利用したいと思うものですね。

 

銀行カードローンでも自動契約機を用意しているところもありますが、その数はとても少ない上に審査も消費者金融と比較すると厳しめになっているため、営業時間の長い消費者金融に初めから申込みするのがおすすめです。