MENU

カードローンでお金借りるなら在籍確認が必要

カードローンで即日お金借りたい時、まずは銀行や消費者金融に借入れの申込みをすることから手続きは始まります。

 

即日でお金借りる時の申込みから借入れまでの流れとは、

  1. パソコンやスマートフォンなどから申込み
  2. 審査の開始
  3. 審査結果の連絡
  4. 必要書類の提出・契約
  5. 振込みによる借入れ・カードでATMキャッシング

というようになっているんです。

 

この時に最も重要となるのが「審査」であり、審査では「在籍確認」も実施されています。
コチラでは、在籍確認とその必要性について説明しています。

 

カードローン審査で実施される在籍確認とは?

カードローンで借入れの申込みをすると間もなく実施される審査には、

  • 申込み内容についての審査
  • 個人信用情報センターへの信用情報の照会

というように主に2つの方法があります。

 

その中でも申込内容についての審査は、信用情報を照会することと同じくその人の返済能力を知る手がかりとなっているのです。

 

その人の返済能力を判断するには、申込書の勤務先の項目に書かれている内容が正しいか確認する必要がありますよね。

 

そのために、借入れの申込みを受けた金融機関では申告した内容に間違いや嘘がないかを見極める必要があり、勤務先へ直接電話をかけることでその人の在籍を確認することができます。

 

在籍確認でカードローンの利用が職場にバレる?

職場への在籍確認は基本的に電話連絡となっているのですが、申込みをした本人がいつでも職場の電話を取れるとは限りません。

 

そのため自分以外の人が申込みの金融機関からの電話を取ってしまったらどうしようと心配になる方が殆どだと思います。

 

それでも在籍確認では、その人の在籍を確認できればすぐに終了するようになっているのです。

 

たとえば、

  1. 金融機関から在籍確認で職場へ個人名で電話がかかる
  2. 本人が出る場合:いくつかの質問のみで終了、同僚が出る場合:「席を外しています」の応答があれば終了

などのカンタンな流れで在籍確認は終了します。
在籍確認では本人確認のみを目的としているため、本人不在でも審査結果には何も影響しませんし、在籍確認だけで同僚にバレる心配も無いと言えるでしょう。

 

在籍確認で同僚にバレたらどうしようと心配するあまり、申込みに嘘の会社名や電話番号を記入してしまうと在籍確認がとれないため不審に思われ審査が通らない原因になってしまいます。

 

そのため即日でお金を借りたいのであれば、在籍確認は必須と覚悟して臨む必要もあるでしょうね。

 

土日の在籍確認はどうなっているの?

在籍確認は職場への電話連絡が基本であるため、土日に即日融資を希望する場合に職場が休みでも在籍確認を実施することができるのかと心配に思う方は多いと思います。

 

それでも即日融資に対応しているカードローンならば、

  • 収入証明書や社員証の提出に替えられる場合もある
  • 在籍確認を後回しにして先に借入れできる場合もある
  • 借入れの金額を少なくすることで借入れが可能になる場合もある

などの対応が期待できることもあるようです。

 

即日融資を希望していて、しかも申込みが土日になってしまう場合には、申込先に電話で相談をしてみると良いでしょう。